“Android 12 QPR3 Beta 1” brings a new level of complication to Android betas

Perpetual Android betas —

Android 12L (QPR2) is stable, QPR3 is in beta, and Android 13 is the dev channel.


Android logos have been photoshopped into a game of whack-a-mole.

Enlarge / What covering the latest Android releases feels like.

Android is going to have a busy month, and this is probably the new normal going forward. So listen up. On Monday, Android 12L exited beta and launched as the new stable build of Android, with some version strings calling it “Android 12.1.” Today, Google is launching another Android beta, the smoothly named “Android 12 QPR3 Beta 1.” We’re also expecting the second developer preview for Android 13 any day now. That’s three current Android releases, all existing simultaneously and giving various glimpses into the future.

You know how Chrome has three release channels called “Stable,” “Beta,” and “Dev”? Android looks like it’s doing that now.

Android usually does a major release around October every year. Behind the scenes, there are also pushes for “Quarterly Platform Releases (QPR)” that usually don’t get much promotion, though Google has started to pump up these releases for Pixel users by calling them “Pixel Feature Drops.” This year’s Android 12L is a special midcycle release focused on tablets, but it’s also a souped-up Android 12 Quarterly Platform Release 2. Given the new API level and tablet changes, we can understand why 12L would have a three-month beta. But now Google is immediately launching Quarterly Platform Release 3 Beta 1, even though there aren’t any drastic 12L-style changes in it.

If you’re wondering what’s new in Android 12 QPR3 Beta 1, the answer isn’t likely to be very exciting. Google has a set of release notes up on developer.android.com, and they are pretty barren. Google says, “While these updates do not include app-impacting API changes, we provide images of the latest QPR beta builds so you can test your app with these builds as needed.” The notes say this is the first beta of the “June 2022 Feature Drop” for Pixels, but that’s a bit misleading. The Pixel Feature Drops are always proprietary Google app updates, and you won’t be beta-testing those. You’re beta-testing the under-the-hood changes to the Android platform, which will probably just fix a few bugs.

As for the supported devices of QPR3 Beta 1, they’re the usual Pixel phones, with one notable exception. If you have the Pixel 6, 5, 5a, 4, or 4a, you can install the update, but the Pixel 3a looks like it has reached the end of the line. Google’s official support page has Pixel 3a support ending in May 2022, which means no June 2022 update.

What’s it called?

“Android 12 QPR3 Beta 1” is an all-timer entry in the “Google is bad at branding” compendium. Google seems conflicted about the names of these quarterly releases, and Android 12L’s branding is also an atrocity. Google calls it “12L” in blog posts, “Android 12.1” on the factory image page, and “Android 12” on the phone “about” screen. The new beta would be so much easier to understand if Android 12L was just universally called “Android 12.1.” Then we could call today’s release “Android 12.2 Beta 1.”

We can only speculate as to why Google isn’t doing this, but we’ll guess that it has to do with the root of all Android evil: OEM updates. If a Samsung phone says “Android 12” and a Google phone says “Android 12.2,” that would probably make Samsung unhappy, and users would probably complain. By calling every Android 12 release just “Android 12,” Android hardware makers’ legendary inability to deliver timely updates won’t be highlighted as much.

If you’re wondering when the Android version of Chrome’s nightly “Canary” builds will come out, those do exist already. Those are called “Dogfood” builds, and they’re only for Google employees.

Note: This article have been indexed to our site. We do not claim legitimacy, ownership or copyright of any of the content above. To see the article at original source Click Here

Related Posts
Xiaomi works on a smartphone with a 4K resolution display thumbnail

Xiaomi works on a smartphone with a 4K resolution display

Sony har haft 4K- upplösning i flera år i sina smartphones. Nu ser det ut som att Xiaomi men vara på väg ut med en smartphone som sägs få samma högupplösta upplösning på displayen. Det ser ut som att den här enheten förutom att få en så pass högupplöst display även ser ut att få…
Read More
I touched the smartphone "Fairphone" that can replace parts: Is the key to popularization the change in user and market values? thumbnail

I touched the smartphone “Fairphone” that can replace parts: Is the key to popularization the change in user and market values?

サステナブルなスマートフォン。スマートフォンってどのタイミングで買い替えていますか? 毎年新モデルを買うのはかなりのガジェット好きだとして、必要だから買う人はいつ替えますか? 壊れたから? 使いづらくなったから? キャリア変更のタイミングで? 買い替え理由は人それぞれでも、中には修理できなかったから(修理代が高すぎたから)という人もいるはず。メジャースマホメーカーとは別の方向性で注目すべきスマートフォン、Fairphone。パーツごとに修理・交換ができ、長く使えるというのがモットーのオランダのスマホメーカーです。以前からギズモードでもニュースとして取り上げてきましたが、今回はFairphoneの最新モデルFiarphone 4を米Gizmodo編集部が触ってきたのでレビューをお届けします。モジュールタイプのスマートフォンという考えは、その昔Google(グーグル)がProject Araとして取り組んでいた頃からかなり注目していました。パソコンを自分で組み立てたことのある人間からしたら、素晴らしいアイディアだと思います。ただ一般的ではなかったようで、Project Araはお蔵入りしていしまいましたけど。コンセプトではなくリアルで使えるモジュールタイプのスマホの代表(というか一択のみ?)といえば、Firphone。オランダ発、モジュールタイプで修理ができるようデザインされたスマートフォンです。他がモジュール型で苦戦・失敗する中、第4世代となる最新機種Fairphone 4まで続いていることは賞賛に値すると思います。もっと注目されてほしい。Photo: Florence Ion / Gizmodoで、スペックは?まずは簡単にスペックを。昨年のFiarphone 3+からの手堅いアップデート。ディスプレイは6.3インチのフルHD+。プロセッサはSnapdragon 750G、メモリが6GBで、容量は128GB。さらにFairphone初の5G対応(サブ6GHz帯ですが)。我が家は5Gエリアではないため試せず。バッテリーは3,905mAh。昔の携帯電話のように簡単に背面から取り外し可能です。バッテリーこれで足りるかなと不安にも思ったのですが、ふと「あ、スペア持っていけばいいのか」と気づきました。簡単に取り外しできるということは、充電できないときはスペアバッテリーと入れ替えちゃえばいいということ! Fairphone公式ではバッテリーもちは200時間、1時間(20W充電)の充電で50%チャージということになっています。ケーブル含む充電器は同梱なし、お手持ちのものを使ってください。Photo: Florence Ion / Gizmodoカメラはリアが48MP、ソニーのIMX582センサで、レンズ口径はf/1.6。フロントのセルフィーカメラが25MP。前も後もToFセンサあり。デジタルズーム最大8倍。動画撮影は4K対応(30fps)、最大240fpsのスローモーション撮影もできます。ありそうでないのはイヤフォンジャック。そこはBluetooth接続でお願いします。イヤフォンジャックがないことで、モジュールとしては扱いやすいのかも。価格は400英ポンド、日本円だと7万5000円ほど。中価格帯スマホとして、機能も十分装備されています(他社のフラッグシップスマホと比べたらだめですよ、Fiarphoneの最大の機能は修理・パーツ交換できることなのでね)。で、機能は電源ボタンに搭載された指紋認証、NFC対応、microSDカードスロット。端末5年保証、2027年までは部品が必ずあるという保証つき。ちなみに、568英ポンド(約8万6000円)のメモリ8GB&容量256GBモデルもあります。Photo: Florence Ion / GizmodoFiarphone 4のOSはAndroid 11で、Android 13まではソフトウェアアップデートに対応。というか、Fiarphone的にはAndroid 14だってAndroid 15だってその先だってサポートする想定なのですが、その場合Fairphone 4のチップセットのモジュールアップグレードの必要性がでてくる場合も。そこは、長く使ってこそのFiarphoneですからね。使い勝手は?Photo: Florence Ion / Gizmodoデザインは、Motorolaの安価モデルMoto Gシリーズを彷彿とさせるような。個人的には、どうもブロックぽいというか、ゴツいというか、このハードデザインがなぁ。デザインのせいで、広い層にウケないような気がしています。これからしばらく使ってフルレビューしたいとは思いますが、数日一緒に過ごした感想としては上々。その昔、Project Araカンファレンスに出席したことがある自分からしたら、なんかワクワクするというか、感慨深いというか。マイナーな端末ではありますが、一般的なメジャーなアプリはもちろん使えます。Pokémon Go、Office 365、Google Chrome問題なしです。Geekbench 5の全体的なシステム性能のベンチマークでは、シングルコアのスコアは638点、マルチコアで1,859点。Samsung(サムスン)やApple(アップル)のフラッグシップスマホには当然及ばないものの、GeekbenchスコアではサムスンのミッドレンジスマホGalaxy A71(Snapdragon 730、昨年リリース時で450ドル=約5万円)よりは上でした。カメラも試してみましたが、Google Pixelのカメラアプリよりは扱いが難しい。例えば、撮影完了までちょっと間があったり、屋内撮影が苦手ぽかったり。Auto HDRは、色がビビットでいい感じです。ズームも悪くないのですが、ちょっとギザってしまいますね。現段階では、iPhoneレベルのカメラ性能はないものの、いつかモジュールスマホもその域に達するはずという将来的期待はかけたいところ。パーツ交換・修理は?Fiarphone 4のUSB-Cモジュールを持ってみた。Photo: Florence Ion / Gizmodo前モデル同様のモジュール具合。全部で7つのパーツが交換可能です。カメラモジュールも交換可能。ディスプレイも100ドルほどで他に変更可(8つのミニネジで固定されています)。特筆すべきは、あのiFixitのレビューで10点満点を獲得した数少ない端末だということ。分解、修理可能が売りなので当然っちゃ当然ですけれど。試しに、スピーカー&USB-Cモジュールを外してみました。Phillips 00のドライバーで難なくOK。自作PC組んだことあるので、パーツを扱うことに「ビビリ」はしなかったものの、久しぶりなのもあってちょっとだけドキドキはしました。外して、再びいれて、なんの問題もなく動きました! わかってはいたけど、わーい!Photo: Florence Ion /…
Read More
Samsung Galaxy S21 FE arrives in January, S22 series delayed? thumbnail

Samsung Galaxy S21 FE arrives in January, S22 series delayed?

06.10.2021 16:28 | Mobile Ranije glasine o otkazivanju objave Samsung Galaxy S21 FE 5G telefona su možda bile preuveličane. Dojavljivač Ice Universe tvrdi da će S21 FE biti objavljen uz S22 seriju krajem decembra ili početkom januara, dok Roland Quandt ističe da Samsung obavlja uobičajene pripreme pred objavu i da će S21 FE definitivno biti…
Read More
Index Of News
Consider making some contribution to keep us going. We are donation based team who works to bring the best content to the readers. Every donation matters.
Donate Now

Liking our Index Of News so far? Would you like to subscribe to receive news updates daily?

Total
0
Share