Police: Palestinian woman tries to stab cop in Jerusalem Old City, is shot dead

A Palestinian woman was shot dead as she attempted to stab police officers in Jerusalem’s Old City early Thursday morning, police said.

According to police, the woman approached the officers near the Chain Gate leading to the Temple Mount at around 6:30 a.m., took out a knife and tried to stab them. The officers opened fire, shooting the woman.

“Medical forces who arrived at the scene later pronounced her death,” police said.

None of the officers were injured in the attack, according to police.

The Palestinian woman was said to be roughly 30 years old, from the town of Qabatiya, outside Jenin, in the northern West Bank. It was not immediately clear how she entered Israel.

Get The Times of Israel’s Daily Editionby email and never miss our top stories

By signing up, you agree to the terms

Police closed off the area and brought in a sapper to ensure that the woman did not have an explosive device.

Qabatiya and the entire Jenin area have seen a significant rise in violence in recent months, including earlier on Thursday when a Palestinian gunman — allegedly a member of the Palestinian Islamic Jihad terror group — opened fire at Israeli Border Police officers who were conducting an arrest raid in the town of Burqin outside Jenin and was shot dead.

Earlier this week, Israeli security forces carried out a large-scale series of raids in the Jenin area and elsewhere in the West Bank, targeting a Hamas cell that Israeli security services said they believed were planning to carry out imminent attacks on Israeli targets. Five Palestinians — at least four of whom were later identified as members of terror groups — were killed in clashes with Israeli forces, and two Israeli soldiers were seriously wounded in the exchanges, likely by friendly fire.

Note: This article have been indexed to our site. We do not claim ownership or copyright of any of the content above. To see the article at original source Click Here

Related Posts
フィギュアスケート4回転が3回転半から10年で可能になったワケ(FRIDAY) thumbnail

フィギュアスケート4回転が3回転半から10年で可能になったワケ(FRIDAY)

「靴やエッジも改良されているけれど、それが4回転成功の理由ではありません」今や女子選手でも4回転ジャンプを跳ぶフィギュアスケート。2010年、バンクーバー冬季五輪では、3回転半(トリプルアクセル)を跳べるのは浅田真央さんぐらいだったのに、この10年で何が4回転ジャンプを可能にしたのか。 【画像】北京五輪で金メダルが確実視されているロシア・ワリエア選手はまだ15歳! 水泳では高速水着レーザー・レーサーが、マラソンでは厚底シューズが記録を生み出すのに貢献した。フィギュアスケートでは靴が進化したのだろうか。 「たしかに靴の素材やエッジの質は改善されていますが、それによって1回転多く跳べるようになったということは、僕はないと思う」 というのは、1976年、インスブルック冬季五輪で日本代表となり、翌77年の世界選手権で3位に入賞した、日本のフィギュアスケートのパイオニア、佐野稔氏。 「僕の時代は、靴は革製でしたけど、今は皮と皮の間にプラスチックが入れられていて、足の形に合わせやすくなっている。フィット感が増したのは間違いない。けれど、それで1回転多く跳べるようになったかといえば、それは違うと思う」(佐野稔氏 以下同) 靴でもない、エッジでもないとしたら、ジャンプを成功させるのはなんなのだろう。 「トレーニング。これに尽きると思います」 佐野氏によると、ジャンプの回数を増やすために大事なことは、高く跳ぶことと、体の軸をしっかり作ること。ということは、筋肉トレーニングを多く行うようになったということか? 「体幹を鍛えるトレーニングは必要ですけど、太い筋肉をつけてはダメ。太い筋肉をつけると重くなりますから、高く跳ぶのがつらくなる。2017年~2022年の全米選手権で6連覇したネイサン・チェン選手や羽生結弦選手もほっそりしていますよね」 ◆ロシア女性選手の選手生命は1シーズンだけ 確かにカミラ・ワリエワ選手をはじめ、4回転を跳ぶロシアの女子選手たちは、細くて、あれでよくジャンプできるなと思えるほどだ。 「ワリエワ選手はまだ15歳。驚異的なスピードで4回転を習得しているわけです。ワリエワ選手のほかにも、アレクサンドラ・トゥルソワ、マイア・フロミフも4回転を跳びますが、彼女たちはみんなエテリ・トゥトベリーゼというコーチの門下生。4回転を跳べるような特別な練習をしていると思うんですけど、練習メニューは解明できていません」 それにしても気になるのはロシアの選手寿命の短さだ。2018年、平昌冬季五輪のとき、15歳で金メダルを獲得したザギトワ選手も、19歳で銀メダルを獲得したメドベージェワ選手も、2014年のソチオリンピックのとき、キャンドルスピンでロシア団体優勝に貢献した、当時15歳のリプニツカヤ選手もオリンピックに出場したのは1回きりだ。彗星のように現れ、彗星のように去っていく。 「おそらく体形の変化でいい成績が残せなくなるからでしょう。ロシアにはトゥトベリーゼコーチの教えを受けたいという女の子が何千人もいると聞きます。おそらく北京冬季五輪の次にミラノで行われる冬季五輪のための選手の育成も始まっているはず。ワリエワ選手は、たぶん北京では金メダルを獲得するでしょうけれど、来シーズンも活躍するかといったら、違う選手が出てくるだろうと思います」 15~16歳で現役引退! フィギュアスケートは、体が柔らかい10代半ばに大技を習得しやすいが、あまりに幼いころから練習を続けると体に無理がかかるため、国際スケート連盟では、現在15歳になっていない選手の出場を認めていない。さらに今、その年齢制限を17歳に引き上げることを検討しているという。 ◆4回転半を跳ぶのに、あと0.1秒 秘密の特訓をしているかもしれないロシアはさておき、ふつうは、跳んで跳んで跳んで、踏切やフォームを改善しながら、目指すジャンプを先生やコーチとともに作り上げていくのだという。 「だれかが跳ぶと、それまで無理だと思っていたジャンプも、やればできると思えるようになる。コツがわかるということもあるでしょう。そうやって、どんどん進化していく。 僕の時代は3回転ルッツといって、後ろ向きに入り、左足外側のエッジにのってから、右足のつま先をついて踏み切り、3回転するジャンプが跳べたら世界一になれましたけど、今は10歳、11歳の子どもたちがふつうに3回転ルッツを跳んでいます。 だれかが跳ぶと、それ以降は跳ばなければいけないようになっていくんですね」 ◆今、男子では4回転が跳べなければ世界で戦えない。 ジャンプの歴史を振り返ってみると、初めて1回転半を跳んだのは1882年。2回転半(ダブルアクセル)を跳んだのは、1948年。なんと1回転増えるのに66年もかかっているのだ。 「トリプルアクセルを初めて跳んだのは、それから30年後の1978年。4回転半を成功させた人はまだいないから、トリプルアクセル成功から44年間歴史が止まっているんです」 成功させるには高く跳んで、滞空時間を長くすること。あと1秒長くすれば4回転も可能? 「1秒も跳んでいたら、6回転だってできてしまう。今、4回転を跳ぶのに要しているのは0.7秒程度。あと0.1秒でも長く跳べたら、4回転半が成功するでしょう」 なんと、氷上の芸術と言われている競技で0.1秒が競われているのだ。 「記録を伸ばすのは、だれもやったことのないことをやってみたいという人間の向上心。それは陸上競技の100mで0.1秒を競うのと同じです。世界で初めて4回転半を跳ぶ人になりたいというのは、羽生結弦選手の夢。実際、4回転半を跳ぶのに、いちばん近いところにいるのは羽生結弦選手でしょう。オリンピックが楽しみです」 佐野稔 元フィギュアスケート選手。1976年インスブルックオリンピック男子シングル日本代表。1977年世界選手権3位。現在は明治神宮外苑アイススケート場ヘッドコーチ、日本フィギュアインストラクター協会理事長。解説者としても活動している。 取材・文:中川いづみFRIDAYデジタル【関連記事】ロシアの妖精ザギトワ「変形黒レオタード姿」に10万いいねの嵐!孤高の天才スケーター・羽生結弦に心配な「ケガと参加リスク」妖精メドベージェワ「大胆な純白ドレス姿」にファン歓喜!「第二のキム・ヨナ」が氷上で見せた圧倒的美身桝太一アナの「突然の退職」が日テレをザワつかせる意外な背景
Read More
Why industrial crises may persist this year, by NASU thumbnail

Why industrial crises may persist this year, by NASU

By Collins Olayinka, Abuja  and Gloria Nwafor, Lagos 01 January 1970   |   12:00 am Industrial stability in the education sector this year will solely be dependent on the implementation of the tenets of the negotiated agreements with the organised labour, the Non-Academic Staff Union of Educational and Associated Institutions (NASU), has said. Peters…
Read More
Wins for Chinese diplomacy? thumbnail

Wins for Chinese diplomacy?

Here’s what you need to know about China today: Top story: Xí Jìnpíng 习近平 was unanimously sworn into his third term as China’s president. Some are hoping that Lǐ Qiáng 李强, Xi’s second-in-command and the man in charge of leading the economy, might counterbalance some of Xi’s more extreme political tendencies. Scroll down for a
Read More
ALMT enacts amendment that prohibits reelection of president and first secretary in the same legislature thumbnail

ALMT enacts amendment that prohibits reelection of president and first secretary in the same legislature

O presidente da Assembleia Legislativa de Mato Grosso (ALMT), deputado estadual Max Russi (PSB), e o primeiro-secretário, deputado Eduardo Botelho (DEM), promulgaram, na manhã desta quinta-feira (30), a Emenda Constitucional nº 100/2021, que proíbe a recondução do presidente e primeiro-secretário do parlamento estadual para qualquer cargo da Mesa Diretora na eleição imediatamente subsequente dentro da…
Read More
Attempted murder in the Brussels metro: the suspect's family reacts thumbnail

Attempted murder in the Brussels metro: the suspect's family reacts

Le suspect arrêté pour avoir poussé une femme sur les rails du métro vendredi vers 19h45 dans la station Rogier à Bruxelles a été placé sous mandat d'arrêt par le juge d'instruction.  Le suspect, B.P., est un jeune homme né en 1998 de nationalité française. D'après nos informations, l'homme est déjà connu de la Justice en…
Read More
Index Of News
Total
0
Share