Stress hormone sensitivity could increase the risk of heart disease

Cortisol is the primary stress hormone in the glucocorticoid class (GCs) of hormones. It plays a vital role in metabolism and healthy immune function. The hormone acts as anti-inflammatories and is routinely used to treat allergies, asthma, and other conditions involving an overactive immune system.

However, individuals respond differently to GCs. A test distinguishing between sensitive and resistant people would be very useful in improving treatment outcomes.

Proteins play a vital role in recognizing, transporting, and affecting the actions of hormones such as GCs. Identifying these protein profiles of sensitive and resistant people could indicate GC effectiveness.

It is well known that chronic stress is linked with an increased risk of heart disease and stroke. Although, the underlying physiological changes are not well understood.

A new study suggests that people who are particularly sensitive to stress hormones also exhibit markers that indicate they are at greater risk of developing cardiovascular disease.

The study aimed to create a test that could differentiate between stress hormone-sensitive and resistant people. This will help clinicians better determine therapeutic outcomes and minimize adverse effects in those requiring glucocorticoid treatment.

Interestingly, the protein profile associated with glucocorticoid sensitivity included increased risk markers of stress-related disorders. It may point to new possibilities for diagnostics or therapy in these areas.

For the study, which involved 101 healthy volunteers, scientists determined whether a set of proteins could be identified to distinguish between GC-sensitive and resistant people. The participants were given a low dose of the GC, dexamethasone.

The participants were then ranked based on the most sensitive to most resistant by measuring their blood cortisol levels the following morning.

Using liquid chromatography-mass spectrometry, scientists identified the differences in protein profiles in the samples. The sensitive group had 110 upregulated and 66 downregulated proteins compared with the resistant group.

Few were associated with enhanced blood clotting, amyloid plaque formation in Alzheimer’s disease, and immune function of the upregulated proteins.

Dr. Nicolas Nicolaides in Athens, Greece, said“Our findings show, for the first time, how increased glucocorticoid sensitivity may be associated with stress-related disorders, including myocardial and brain infarctions, which could lead to new therapeutic interventions.”

“This was a small study, so further, larger studies are needed to confirm the differences observed between the glucocorticoid-sensitive and resistant people.”

“We speculate that if the most glucocorticoid sensitive people are exposed to excessive or prolonged stress, the resultant increased blood cell activation could predispose them to clot formation in the heart and brain, leading to heart attacks or strokes. We could potentially identify those at more risk and in need of stress management.”

The research is presented at the 59th Annual European Society for Paediatric Endocrinology Meeting.

Note: This article have been indexed to our site. We do not claim legitimacy, ownership or copyright of any of the content above. To see the article at original source Click Here

Related Posts
'Unnutritious food and no light': Details of conditions emerge as more hostages, prisoners freed thumbnail

‘Unnutritious food and no light’: Details of conditions emerge as more hostages, prisoners freed

Key PointsA lack of light exposure, solitary confinement, and poor food are noted by medical professionals.Israel and Hamas have agreed to extend their ceasefire by two days.Relatives demand the Israeli government ensure the freedom of all hostages.Poor nutrition, solitary confinement — details of how the hostages seized when Hamas attacked southern Israel have been treated
Read More
Riesiger Krater: NASA zeigt spektakuläre Bilder von Jupiter-Mond thumbnail

Riesiger Krater: NASA zeigt spektakuläre Bilder von Jupiter-Mond

18.02.2022 Außerdem wurde ein Bild veröffentlicht, das den größten Planeten unseres Sonnensystems aus einer ungewöhnlichen Perspektive zeigt. Die Juno-Sonde der NASA hat bei einem Vorbeiflug am Jupiter-Mond Ganymend spektakuläre Bilder aufgenommen. Darauf ist ein riesiger Krater zu sehen, der von einem früheren Asteroiden-Einschlag stammt. Der Krater auf dem Jupiter-Mond Ganymed © NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS. Image processing by…
Read More
Towing vehicles with ANA and JAL logos are also being verified for sharing of ground handling vehicles at Fukuoka Airport. thumbnail

Towing vehicles with ANA and JAL logos are also being verified for sharing of ground handling vehicles at Fukuoka Airport.

エアライン, 空港 — 2021年12月23日 12:40 JST By Tadayuki YOSHIKAWA  福岡空港を運営する福岡国際空港会社(FIAC)は、飛行機のトーイングカー(牽引車)など空港のグランドハンドリング(地上支援)業務に使用するGSE(航空機地上支援車両)の将来的な共有化に向けた実証実験を12月29日まで実施している。  グラハンは少子高齢化により全国的な人手不足が喫緊の課題だが、GSEも各社で共有・共用できるようになれば、総台数の削減や移動距離の短縮による効率化が進む可能性がある。また、限りある空港内のスペースの有効活用にもつながり、コロナ後の増便にも対応しやすくなる。 福岡空港でANAの737にJALのベルトローダーを使い荷物を積み込むANAのスタッフ=21年12月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire —記事の概要— ・2000台が運航支える ・満車状態も課題 2000台が運航支える  FIACは国土交通省航空局(JCAB)が2020年1月に出した「グランドハンドリング アクションプラン」に基づき、GSEを共用する実証実験を実施。2回目となる今回は、全日本空輸(ANA/NH)の運航便のグラハンを担うANA福岡空港、日本航空(JAL/JL、9201)、JAL便を担当するJALグランドサービス九州、スカイマーク(SKY/BC)、フジドリームエアラインズ(FDA/JH)便を担う鈴与グループのエスエーエスの5社が参加し、16日から29日までの約2週間実施している。 約2000台のGSEが運航を支える福岡空港=21年12月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire  1回目は国際線で今年7月27日から8月27日まで1カ月実施。受託便のグラハンを担うANA福岡空港とJAL、JALグランドサービス九州、西鉄エアサービスの4社が参加した。国際線ターミナル側の50番から54番までの4スポットで、航空機の牽引に使うトーイングカー、貨物や手荷物の搭載に使うベルトローダー、ハイリフトローダー、パッセンジャーステップ車(タラップ車)の4車種18台で検証した。 福岡空港会社でGSE共用化プロジェクトを担当する松浦義郎担当課長=21年12月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire  GSEは、各航空会社のグループ会社などが別々に所有・運用しており、現在は空港内のGSE置き場から使用するスポット(駐機場)へ移動させている。福岡空港には、現在11車種約2000台のGSEがあり、このうち国内線では約1300台、国際線は約700台が使われている。  FIACでGSE共用化の実証実験を担当するプロジェクト推進部プロジェクト推進課の松浦義郎担当課長は「おおむね好評で、移動距離が少なくなることで安全につながるという声がありました」と、国際線で実施した各社の感想を話す。現在は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で国際線の便数が減っており、安全性の確認から始める小規模なスタートに適した国際線を選んだという。 満車状態も課題  今回の実証実験では、各社が所有するGSEを国内線ターミナルの1番から12番までの各スポット周辺に配置する「オンスタンド型」で実施。共用することで総台数の削減や移動距離の短縮による効率化、安全性向上につながるかを検証している。各社が所有するGSEのうち、トーイングカー、ベルトローダーとハイリフトローダーの計3車種24台が対象で、例えばANA便のグラハンをJALのGSEで実施するといった運用が行われている。トーイングカーの中には、ANAとJALのロゴが併記された車両もある。 福岡空港でANAの787の出発を待つANAとJALのロゴが入ったトーイングカー=21年12月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire 福岡空港でANAの787の出発を待つANAとJALのロゴが入ったトーイングカー=21年12月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire  台数削減や効率化だけでなく、GSEを駐車するスペースの確保も課題となっている。「今もGSEは満車状態で、増便で必要になる車両を増車できないので、共有や共用で将来に備えるのも狙いの一つです」(松浦氏)と、2025年3月末の供用開始を目指す第2滑走路(2500メートル)の建設に合わせてGSE置き場も整備するものの、総数を抑制することで増便に対応できる体制を整える狙いもある。  7月の国際線と今回の国内線ともに、開始の約3カ月前から各社との調整と現場への周知を実施した。また、どのスポットにどの航空会社の便が入るかをFIACと航空会社が調整し、GSE共用を検証しやすいようにしているものの、遅延などで予定通りにいかない場合もある。このため、FIACは6番と9番、12番、13番スポット付近の4カ所に、GSEの仮置き場を用意した。  準備の過程では、さまざまなGSEのうち、どの用途の車両であれば共用できるかと、何台くらいであれば運用できるかの取りまとめに時間をかけたという。年内の検証後の予定について、松浦氏は「年明けから年度内に方向性を出していきたいです」と述べ、国内線での課題を抽出し、来年度以降の計画を決めていきたいという。 福岡空港のスポット間に設けられたGSEの仮置き場=21年12月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire…
Read More
What is causing these massive, mysterious explosions in space? thumbnail

What is causing these massive, mysterious explosions in space?

Published January 11, 2024In September 2022 astronomers with mouths agape observed a sudden flash of incredibly bright blue light as it was captured by a telescope in Southern California. The event was roughly 10 billion times more powerful than the sun, erupting in a galaxy one billion light-years awayAfter pointing many different telescopes at the
Read More
Index Of News
Total
0
Share