Ticket Sales For The 2021 NOGI Awards Now Open

The 2021 Academy of Underwater Arts & Sciences NOGI Awards gala tickets are now on sale.

The gala event will take place on November 17th, 2021, in Las Vegas during the DEMA Show.

Commenting about the awards, AUAS President Dan Orr stated:

“NOGI Award is the oldest and most prestigious award in the recreational diving world, recognizing individuals who have made significant career contributions to the sport, the industry and the world in the Arts, the Sciences, the Environment, Sports/Education and through Distinguished Service.”

 This year due to the COVID-19 pandemic, the gala will celebrate the winners from 2020:

  • Paul Nicklen (Arts),
  • Laurance Madin (Science).
  • Wolcott Henry (Environment).
  • Don Barthelmess (Sports/Education).
  • Carol Rose (Distinguished Service).

You can purchase tickets for the gala here.

Ticket Sales For The 2021 NOGI Awards Now Open 3

Sam Helmyhttps://www.deeperblue.com

Sam Helmy is a TDI/SDI Instructor Trainer, and PADI Staff and Trimix Instructor. Diving for 28 years, a dive pro for 14, I have traveled extensively chasing my passion for diving. I am passionate about everything diving, with a keen interest in exploration, Sharks and big stuff, Photography and Decompression theory. Diving is definitely the one and only passion that has stayed with me my whole life!

Note: This article have been indexed to our site. We do not claim legitimacy, ownership or copyright of any of the content above. To see the article at original source Click Here

Related Posts
What is a toxin? thumbnail

What is a toxin?

Your body is under siege. Invisible dangers lurk in every bite of food and every breath you take. That’s how it can feel if you’re concerned about toxins—you may even feel you need to buy a special drink, eat a special diet, or behave in a special way to sidestep their devastating effects. You wouldn’t…
Read More
ANA、737-500「スーパードルフィン」グッズ販売 thumbnail

ANA、737-500「スーパードルフィン」グッズ販売

 全日本空輸(ANA/NH)は、2020年6月に退役したボーイング737-500型機「スーパードルフィン」をモチーフにしたトートバッグなどのグッズを、通販サイト「ANAショッピング A-style」で販売している。従来機内販売で扱っていた商品で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で飛行機に乗る機会が減少する中、通販でも購入できるようにした。 ぬいぐるみショッピングバッグ(左)とステーショナリーセット(A-styleから) ANAの737-500=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire  販売しているスーパードルフィンのグッズは、ぬいぐるみショッピングバッグとステーショナリーセットで、いずれも税込3000円。準備数がなくなり次第販売終了になるという。  737-500は1995年7月21日に1路線目の福岡-鹿児島線に就航し、離島を含む地方路線に25機が投入された。「スーパードルフィン」の愛称は、当時のエアーニッポン(ANK/EL、現ANA)が社内公募を行い、機体がイルカに似ていることや、小回りが利いてスピード感があること、元気で親しみやすいことなどの理由で名付けられた。  座席数は1クラス126席で、ANAグループが運航する737の中でもっとも小さい機体だった。カウルにドルフィンが大きく描かれたエンジンは、CFMインターナショナル製CFM56-3を採用。従来よりも大型化したため、正面から見ると空気を取り入れる「インテーク」下部が平たく見える「おにぎり型」なのが特徴だった。  全機が退役したが、整備訓練機として1機(JA301K)が羽田に残っており、3月には撮影ツアーが開催される。 関連リンクANA STORE@SKY SELECTION(A-style)全日本空輸 ・ANA、整備訓練機の撮影ツアー 737-500退役機、3月に羽田格納庫(22年2月2日) 写真特集・ANA 737-500スーパードルフィン退役 福岡編 四半世紀で500人以上が操縦桿握る 羽田編 737クラシック日系最後の商業運航 写真特集・ANA 737-500スーパードルフィン福岡公開 機内編 アナログ計器やシート灰皿跡が四半世紀物語る 外観編 イルカ描かれたエンジンカウル ANAの737-500関連 ・ANAの737-500スーパードルフィン最終便、福岡から羽田到着 25年間運航(20年6月14日) ・ANA、737-500に退役記念デカール スーパードルフィン3機に(19年12月7日) ・ANA、福岡で737-500感謝祭 20年春退役前に家族連れでにぎわう(19年9月29日) ・なぜA220は中部でデモフライトを実施したのか 特集・日本の100-150席市場を考える(19年8月14日) ・ANA、バッテリーで動く牽引車の実証実験 リモコン操作で737移動(18年10月15日) ・ANA、福岡-宮古を20年ぶり再開 季節便でスタート、通年化視野に(18年6月1日) ・ANA、退役機を整備訓練機材に 737-500転用(18年5月11日) ・エア・ドゥ、特別塗装機ドリーム号が退役 63万人運ぶ(14年11月30日)
Read More
Like Humans – Scientists Discover That Rats Have an Imagination thumbnail

Like Humans – Scientists Discover That Rats Have an Imagination

Researchers have demonstrated that rats, through a novel brain-machine interface and virtual reality system, can activate hippocampal activity patterns to imagine and navigate to locations, similar to human imagination. This finding reveals animals’ ability to voluntarily control their thoughts and could advance the study of memory and the development of prosthetic devices.As human beings, our
Read More
Will Global Emissions Plateau in 2023? Four Trends to Watch thumbnail

Will Global Emissions Plateau in 2023? Four Trends to Watch

The world’s emissions have seesawed in recent years, plunging in 2020 amid pandemic-induced lockdowns only to rebound in 2021 and likely edge even higher in 2022. Experts say 2023 could be the start of an emissions plateau, as the world’s largest emitters experience slow growth and invest more in renewable technology. But uncertainty reigns—especially on
Read More
Index Of News
Total
0
Share