UK Court Confirms That AI Has No Rights, Cannot Own Patents

News

@andrew_andrew__
| 1 min read

A dramatic android crying because it can't own patents and lacks basic human rights.
Sarah Holmlund/Shutterstock

Please be sensitive to any artificial intelligence you encounter today. A UK appeals court just ruled that AI systems cannot submit or hold patents, as software is not human and therefore lacks human rights. Several courtrooms around the world have come to the same conclusion, despite the efforts of a very enthusiastic inventor.

Dr. Stephen Thaler has repeatedly filed patents on behalf of his AI, called DABUS. He claims that this AI should be credited for the inventions that it’s helped to produce. But patent offices disagree. After Dr. Thaler refused to resubmit his patents under a real name, the UK Intellectual Property Office pulled him from the registration process.

Our friend Dr. Thaler responded by taking the Intellectual Property Office to court. And predictably, the body rejected his case. So Dr. Thaler made an appeal, and again, he lost.

In her ruling against the appeal, Lady Justice Elisabeth Laing stated that “Only a person can have rights … a patent is a statutory right and it can only be granted to a person.” And she’s correct. Patents exist to prove or disprove that someone has stolen an invention or idea, thereby protecting your right to hold intellectual property. (Patents can also violate your rights, but that’s another conversation.)

And no, Dr. Thaler isn’t a compassionate guy trying to defend his AI’s rights. In his patent applications, he claims that he owns the DABUS AI, and should therefore control its intellectual property.

Conversations about the rights of AI will grow more complicated in time. But as of today, they’re pretty cut and dry. That’s why judges across the world keep coming to the same dang conclusion—AI can’t hold patents.

Source: Engadget

Note: This article have been indexed to our site. We do not claim legitimacy, ownership or copyright of any of the content above. To see the article at original source Click Here

Related Posts
JAL, Norwegian mackerel imported for the first time in Japan Offering a fluffy, thick texture, supermarket and in-flight meals thumbnail

JAL, Norwegian mackerel imported for the first time in Japan Offering a fluffy, thick texture, supermarket and in-flight meals

By Yusuke KOHASE  日本航空(JAL/JL、9201)とJALUX(ジャルックス、2729)、ノルウェー水産物審議会(NSC)の3者は9月24日、ノルウェー産の生サバの輸入を開始した。通常は冷凍状態で輸送されるが、生の状態で輸入することで肉厚のふわっとした食感を味わえるようになる。日本でノルウェー産生サバを輸入するのは初めてで、首都圏の大手スーパーで販売するほか、機内食でも提供する。漁獲の最盛期を迎える11月ごろまでに、20トン程度の輸入を見込む。羽田に到着したJALのヘルシンキ発JL48便から降ろされるノルウェー産生サバ「サバヌーヴォー」=21年9月24日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire —記事の概要— ・JALUX社員が目利きする「サバヌーヴォー」 ・「日本では味わえない衝撃的なおいしさ」 JALUX社員が目利きする「サバヌーヴォー」  ノルウェー産のサバは、脂肪が乗る9月下旬から11月初旬に最盛期を迎える。通常のサバは1尾あたりの重量が200から600グラム、脂肪率が20-30%で、このうち重量が500グラム以上、脂肪率が30%以上のものを「サバヌーヴォー」と命名し、生鮮状態で日本に空輸する。  仏産ワインのボジョレー・ヌーヴォー(ボージョレ・ヌーボー)を模して命名したサバヌーヴォーは、ノルウェーにいるJALUXの社員が選別。ノルウェー近海で水揚げされたサバを工場で氷詰めにし、ノルウェーの首都・オスロからフィンランドの首都・ヘルシンキまで約1000キロを陸送する。ヘルシンキからはJALが定期運航する羽田行きJL48便で空輸し、水揚げから60時間程度で日本の食卓に届ける。  サバは鮮度が落ちやすく、俗に「足がはやい魚」とも言われる。着荷時の庫内温度は0度から2度、サバの芯温をマイナス1度からプラス1度にすることにより、鮮度を保った状態で輸送する。  9月24日からスーパーでの販売を開始し、首都圏を中心に営業するロピア(本店・川崎市)の関東全店舗で取り扱うほか、次回入荷分からはクイーンズ伊勢丹でも販売。白金高輪店と品川店のほか、都内の複数店舗で取り扱う。  このほか、JALの羽田発着便で国内線ファーストクラスの朝食としても提供する。9月21日から30日までは着便、10月21日から31日までは発便で用意し、それぞれ和食メニューの「台の物」で塩焼きとして提供する。また、サバヌーヴォーを使用した焼きサバ寿司などの加工品も開発中で、JALUXが運営する空港店舗「BLUE SKY」やオンラインショップでの販売を予定する。日本初となったノルウェー産生サバ「サバヌーヴォー」=21年9月24日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire 生サバ「サバヌーヴォー」の塩焼きを提供するJAL国内線ファーストクラスの機内食=21年9月24日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire 「日本では味わえない衝撃的なおいしさ」 ノルウェー産生サバ「サバヌーヴォー」の品質に自信を見せるJALUXの丸川副社長(左から2人目)とNSCのクアルハイム氏(右から1人目)=21年9月24日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire  輸入初日となった24日は、JALのヘルシンキ発羽田行きJL48便(ボーイング787-9型機、登録記号JA875J)で30箱、300キロ分の生サバを輸入。到着後、羽田の貨物上屋で税関職員が生サバを検査した。  JALUXの丸川潔副社長はサバヌーヴォーについて、脂が乗りふわっとした食感を「日本では味わえない衝撃的なおいしさ」と表現。JALグループは航空便と商社を持つことから「ほかの誰にも達成できない。私たちだけが達成できる」と成功に自信をのぞかせた。9月下旬から11月初旬がサバ漁の最盛期となることから「スペシャルな品質をお届けし、秋の味覚として定着させたい」と語った。  ノルウェー産のサバは日本が最大の輸出先で、年間12万トンを日本向けに出荷している。輸出額ベースでも日本が首位で、1995年以降トップを維持している。1995年の輸出額は115億円、最も多かった2005年は206億円だった。近年は韓国や中国向けの輸出が増えていることから、2020年の輸出額は1995年と同水準の115億円だった。  これまでは水揚げされたサバはすべて冷凍で輸入し、船便を活用していた。丸川副社長によると、最盛期に突入した9月に水揚げされたものでも、11月に到着していたという。  ノルウェーが生サバの輸出を始めたのは2017年で、全体の2-5%程度。残りの9割以上が従来の冷凍品だという。また輸出先はデンマークとスウェーデン、イタリアの欧州3カ国のみで、現段階では日本が最も遠い輸出先となる。NSCで日本・韓国担当ディレクターを務めるヨハン・クアルハイム氏は、日本への生サバ輸出開始について「ノルウェーの水産業界にとって大きな一歩だ」と喜びをあらわにした。  生サバの輸入開始により、従来の加熱調理のほか、刺身などの生食利用も期待される。今回のサバヌーヴォー事業を進めたJALUX水産部水産第1課の増田仁課長は、生食について「耐えられる鮮度だが(寄生虫の)アニサキスがいる可能性がある」とし、専門家による調理が必要だとした。増田課長によると塩焼きのほか、醤油の煮付けや塩レモンのグリルなどが、ふわっとした食感をより楽しめるという。初出荷されたノルウェー産生サバ「サバヌーヴォー」を積んで羽田に到着するJALのヘルシンキ発JL48便=21年9月24日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire 羽田に到着したJALのヘルシンキ発JL48便から降ろされるノルウェー産生サバ「サバヌーヴォー」=21年9月24日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire 羽田に到着したノルウェー産生サバ「サバヌーヴォー」を貨物上屋へ運ぶJALのグラハンスタッフ=21年9月24日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire 羽田に到着したノルウェー産生サバ「サバヌーヴォー」を検品する税関職員=21年9月24日 PHOTO:…
Read More
Which fruits are high in protein? thumbnail

Which fruits are high in protein?

Home References (Image credit: Getty Images) If you’re trying to hit a certain daily protein target in order to build muscle or lose weight, you might wonder which fruits are high in protein. There are many excellent sources available, and while the small amounts of protein contained in fruit may not make a huge difference…
Read More
Index Of News
Consider making some contribution to keep us going. We are donation based team who works to bring the best content to the readers. Every donation matters.
Donate Now

Subscription Form

Liking our Index Of News so far? Would you like to subscribe to receive news updates daily?

Total
0
Share