Vertical Blue 2021 – Some Favorites

This week’s video is from Daan Verhoeven, probably the world’s best Freediving competition photographer.

He was onsite at Vertical Blue 2021 in the Bahamas and he’s created a selection of photos from the event where he was the official photographer for the 7th time. As he also had a GoPro filming on top of his camera, this video blends some of the photos with the footage he took.

Paralenz Video Of The Week

What is Video of the Week brought to you by Paralenz? Every week we bring you some of the most epic videos about diving from around the world whether that is Freediving, Scuba Diving, Snorkelling, or Spearfishing.  We’re proud to showcase both amateur and professional videos alike.

Got a great video to share? Send us your video today here

We also recommend that you use Paralenz Dive Camera to capture amazing underwater footage.  Groundbreaking new features and the tough, durable design, makes the Paralenz Dive Camera a favorite by experts and novices in all dive communities, from the commercial technical diver to the occasional holiday underwater explorer.  You can get yours today at Paralenz.com.

Vertical Blue 2021 - Some Favorites 2

Note: This article have been indexed to our site. We do not claim legitimacy, ownership or copyright of any of the content above. To see the article at original source Click Here

Related Posts
How to Make and Scan Spotify Codes thumbnail

How to Make and Scan Spotify Codes

Spotify codes make it easy to share your favorite songs and other items on Spotify. We’ll show you how to make and scan these codes on your Windows, Mac, iPhone, iPad, and Android devices. What Is a Spotify Code? A Spotify code is a machine-readable code in an image. It’s much like a QR code…
Read More
Laser Flashes for Cancer Research – Milestone in Proton Irradiation Achieved thumbnail

Laser Flashes for Cancer Research – Milestone in Proton Irradiation Achieved

A research team led by the Helmholtz-Zentrum Dresden-Rossendorf (HZDR) has successfully tested the irradiation of tumors with laser protons for the first time. Credit: HZDR / Juniks Irradiation with fast protons is a more effective and less invasive cancer treatment than X-rays. However, modern proton therapy requires large particle accelerators, which has experts investigating alternative…
Read More
Astronomers uncover largest group of rogue planets yet thumbnail

Astronomers uncover largest group of rogue planets yet

Rogue planets are elusive cosmic objects that have masses comparable to those of the planets in our Solar System but do not orbit a star, instead roaming freely on their own. Not many were known until now, but a team of astronomers, using data from several European Southern Observatory (ESO) telescopes and other facilities, have…
Read More
HAC, last serve retired machine departs from Okadama for sale in Kagoshima thumbnail

HAC, last serve retired machine departs from Okadama for sale in Kagoshima

エアライン, 機体, 空港 — 2021年12月29日 15:03 JST By Tadayuki YOSHIKAWA  北海道エアシステム(HAC、NTH/JL)が23年前の就航当初から運航してきたサーブ340B型機(1クラス36席)のうち、最後まで残った2号機(登録記号JA02HC)が12月29日、拠点の丘珠空港を出発し、函館経由で売却整備を行う鹿児島空港に到着した。2号機の退役により、国内で航空会社が運航する同型機は姿を消した。 丘珠空港に到着するHACのサーブ340B定期便最終となった函館発JL2740便=21年12月26日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire  2号機は26日の函館発丘珠行きJL2740便で定期便の運航を終了。当初は丘珠-函館線と釧路線合わせて2往復4便の運航を予定していたが、降雪の影響で丘珠発函館行きJL2741便と折り返しの同便のみの運航となり、正午すぎから丘珠空港内の格納庫で社員有志による清掃作業が行われた。  鹿児島へのフライトは翌27日を予定していたが、大雪が降り続いたため延期。このフライトを活用し、三沢空港と中部空港(セントレア)を経由しながら日本列島を約8時間かけて南下するチャーターを予定していたが中止となった。  29日は乗客を乗せないフェリーフライト(回航便)として、丘珠を午前9時39分に出発。同43分に離陸し、経由地の函館には午前10時20分に到着した。給油後は午前10時57分に出発し、鹿児島には午後2時43分に到着した。  操縦は黒田覚機長と原沢純副操縦士が担当。26日に定期便の運航を終えた時点の総サイクル数は6万2543サイクル、総飛行時間3万9177時間42分となった。 アーク塗装(JA03HC)と旧HAC塗装(JA01HC)と並ぶ鶴丸塗装のJA02HC=16年4月27日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire  HACは、旧日本エアシステム(JAS、現JAL)と北海道による第3セクターとして1997年9月30日に設立され、最初の路線の札幌(新千歳)-函館線が1998年3月28日に就航した。JASが日本航空(JAL/JL、9201)と統合後はJALの子会社になったが、経営破綻後の2011年3月にJALが経営から一時撤退。再建後の2014年10月に再子会社化し、2016年10月30日からはJAL便名で運航している。  2号機は1998年5月7日に引き渡され、JALの鶴丸塗装を描いた現行塗装の初便は2016年4月28日の丘珠発函館行き233便だった。全3機のサーブ340Bの中では最初に鶴丸塗装に塗り替えられた。  3号機(JA03HC)は2020年12月29日、初号機(JA01HC)は今年9月6日にラストフライトを終えて退役済み。後継のATR製ATR42-600型機(同48席)も11月に全3機がそろい、機材更新を終えている。2号機は鹿児島へ到着後、同じくJALグループでHACがサーブの整備を委託している日本エアコミューター(JAC/JC)が売却整備作業を行う。  HACのサーブをすべて購入した米C&L Aviation Group(C&Lアビエーション・グループ)傘下のC&L Aerospace(C&Lエアロスペース)は、最初に退役した3号機を貨物機に改修している。丘珠空港の格納庫で最後の定期便運航を終えたサーブ340Bの2号機=21年12月26日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire 関連リンク北海道エアシステム 定期便ラスト ・HACのサーブ2号機、最終定期便後に社員が機体清掃と寄せ書き(21年12月27日) ・HACのサーブ340B退役 降雪で1往復繰り上げ、函館発が最終便(21年12月26日) 写真特集・HACのサーブ鶴丸初号機 前編 鶴丸・旧HAC・アーク、丘珠に勢揃い(16年5月7日) 後編 鶴丸で新たな北海道の旅へ(16年5月7日) 3号機と初号機 ・HACのサーブ初号機、最後の丘珠離陸 23年の歴史に幕、売却整備で鹿児島へ(21年9月11日) ・米C&L、サーブ340Bを貨物機に 元JACとHAC機改修(21年8月18日) ・HACの・もう見られないサーブ3機並び 写真特集・HAC初の退役機JA03HC(21年2月12日) ・HAC、サーブ初退役3号機が丘珠出発 鹿児島で売却整備、春に離日(21年2月7日) ・HAC、初のサーブ退役 就航21年、ラストは函館発丘珠行き(20年12月29日) ・HAC、3号機ラストフライト前に社員が機体清掃 初の退役機(20年12月28日)
Read More
Index Of News
Total
0
Share